夜のお仕事初心者へ送る


最終的にはキャバクラ嬢でした

色々と悩んで結局はキャバクラ嬢として働くことにしました。キャバクラで働くというのは水商売の女性になるということなので、親が聞いたら悲しむかなと悩んでいました。求人に応募するのは結構気が重かったんですが、一度体入してみたら楽しい雰囲気に包まれて嫌なことなんて全て忘れてしまいました。悩みながら求人を見ていた私はどこかにいってしまったような感じです。実際に体験してみると、キャバクラ嬢という仕事の魅力を感じることができますので、体入は重要だと思いました。どんなお客さんが来るのかとかどんな先輩がいるのかという不安が大きかったなと思います。実際のところは親にどう説明するかなんてあまり重要なポイントではなかったのかもしれません。そういうことが知れてよかったと思いますし、かなりのお給料をいただけるようになりました。本当にありがたいと思っていますし、今後も頑張りたいです。今のところ親には話していませんが、何とかなるかなと楽観視しています。